ほうれい線やたるみをなくすには?表情筋に秘密あり!

ほうれい線やたるみをなくすには?表情筋に秘密あり!

こんにちは、wakaba(@Wakaba_Spoon)です。

「ほうれい線をなくしたい」

「目の下のたるみが気になる」

と、感じていませんか?

私は20代半ばから、ほうれい線が気になりはじめ、20代後半からは目の下のたるみも気になるようになってきました。

今回はほうれい線や顔のたるみ、しわに関わってくる「表情筋」について紹介しようと思います♩



表情筋とは?

表情に関わる顔の筋肉です。

顔には50種類もの筋肉がありますが、喜怒哀楽などの表情を作り出す表情筋全部で22種類はあります。

通常、体の筋肉は骨と骨とを結び、関節を動かす働きをしているのに対し、表情筋は皮膚にくっつき、微妙な動きをするのが特徴です。

顔のたるみやしわは表情筋の衰え

表情筋は全部で22種類あると紹介しましたが、私たちは普段の生活でその3割ほどの筋肉しか使っていません。

顔の筋肉も体の筋肉と同じように、使わなければ衰えて細く薄くなっていきます。

そして、表情筋が皮膚を支えられなくなり、垂れ下がります。

そのため肌を美しく保つためには、顔の筋肉を鍛える必要があります。

そして、顔の筋肉でポイントとなってくる筋肉は「口の周りの筋肉」です。

「口の周りの筋肉」は「口輪筋(こうりんきん)」と呼ばれています。

「口輪筋」は顔全体の表情筋70%とつながっています。

そのため、「口輪筋」が衰えると、つながっている他の筋肉も伸びてしまいます。

その結果、顔の皮膚全体が下がり、しわ、たるみの原因となるのです。



意識的に表情筋を動かそう!

表情筋を鍛えることで、顔にハリや弾力が戻ります。

そして顔全体の血行も良くなります。

血液やリンパの流れが良くなることで、老廃物が排出されます。

その結果、「くま」や「くすみ」の改善にもつながり、肌質も良くなります。

時間がないときは、口周りの筋肉「口輪筋」だけでもストレッチすると良いです。

「どんな風に動かすの?」

トイレの中や、運転中など、ちょっとした時間に口を大きく開けて

「あ・え・い・う・え・お・あ・お」

と言うだけでOKです!

私は週に2回エステナードリフティを使い、EMSで表情筋にアプローチして肌を引き締めています。

以前アップした記事で私が使用したエステナードリフティの効果を紹介しています♩

EMS美顔器は効果がでやすいと思うので、オススメです!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする