《台湾》産後ケアセンターの気になる料金は?食事紹介♩

 《台湾》産後ケアセンターの気になる料金は?食事紹介♩

こんにちは、wakaba(@Wakaba_Spoon)です。

wakaba
1ヶ月産後ケアセンターでお世話になりました

台湾は核家族が増えており、年々産後ケアセンターを利用する人が増えています。

台湾の産後ケアセンターは日本に比べると値段が安いうえにサービス内容も充実しているんです!

そのことについて記事にしましたので、少しでも参考になれば嬉しいです。




産後ケアセンターの料金

1日の利用料金を日割りして計算

台北
6,000元(21,600円)〜8,000元(28,800円)

新竹
5,000元(18,000円)〜8,000元(28,800円)

台中
6,000元(21,600円)〜8,000元(28,800円)

台南
5,000元(18,000円)〜8,000元(28,800円)

産後ケアセンターのサービス

産後ケアセンター

ホテルのような部屋でゆっくり過ごせます。

どの産後ケアセンターも旦那さんが一緒に泊まれるようになっています。

女の子
どんなサービスがあるの?

・週に3回小児科のお医者さんが赤ちゃんの体調をチェック

・週に一度漢方の先生がママの体調をチェック(体調に合った漢方薬を1週間分処方してくれる)

・赤ちゃんへのミルク、オムツ替え(毎日)

・赤ちゃんの沐浴(毎日)

・洗濯された綺麗なパジャマを毎日提供してくれる

wakaba
母乳や悪露の関係でパジャマは汚れやすいので嬉しい

baby spa
・baby spaのサービス ↑

・ニューボンフォト撮影(一枚無料)

・美容院が併設されており1回無料の洗髪サービス

・ヨガレッスンや母親教室の開催

産後ケアセンターの食事

栄養士が考えた献立をもとに栄養たっぷりの食事が提供されます。3食+おやつです。

産後ケアセンターの食事
朝ご飯

産後ケアセンターの食事
昼ご飯

産後ケアセンターの食事
おやつ

産後ケアセンターの食事
夜ご飯

ボリュームがありどれも美味しいです。

ただたまにスープが薄味すぎることもあったかな…。(^^;)

最後に

私は海外出産ということもあり産後ケアセンターを1ヶ月利用しました。

初産だったので抱っこの仕方や沐浴のやり方、様々な授乳のポーズなども教えてもらいました。

そして一番有難かったのは夜中赤ちゃんの面倒を見てくれること

病院に入院中は母子同室で全く寝れなかったので、本当に助かりました

wakaba
産後ケアセンター様様です♡今後の育児が頑張れそう…♩




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする